雑記

緊急事態宣言で自宅待機になったので【co-opdeli】の宅配サービスに注目してみた

2020年4月15日

こんにちは。あんじです。
緊急事態宣言が出されてから数日経過していますが、私の勤める会社は休業となってしまいました。

自宅にいても世間は外出自粛となっている状態です。
基本的には食料品等の買い物以外は自宅に居る時間が長くなるかと思いますね。

 

そんな中で、注目したのが宅配サービスです。

いくつかの宅配サービスに資料請求を申し込んであるのですが、本日その中の1件の資料を頂いたので報告します。

co-opdeliの資料が届いた

届いたのがこちらです。

co-opdeli です。担当者が自宅に来て色々とお話しを聞きました
カタログと一緒に食品のサンプルを頂いていますね

 

カタログを見て注文をして、まとめて自宅にお届け。という「コープデリ」のサービスなのですが、私はこういった宅配サービスって利用したことがないのですよね。
ほしいものをネット通販で買うっていうのはあるのですけど、夕食の材料をまとめて注文ってなるとちょっと違う感覚になってしまいます。
普段から食材は近所のスーパーに買い物に行っているのです。その時の量がそのまま配達されるっていうのがなんだかうまくイメージできなくて…

担当者が自宅まで来て、色々とお話しを聞かせて貰ったのですが、やはり今の時期は加入人数や注文数が増加している傾向にあるそうです。

色々と質問をしながら、どのようなサービスなのかを聞いてみました。

注文をした日にかかわらず、届ける日は週毎に決まっているとの事です。
例えば、今日の夜に注文したとしても翌日に届くという訳ではなくて、きまった曜日に届けられるという訳ですね。
この場合のメリットとデメリットは色々あるかと思うのですが、急に必要となった生鮮食品があったとして、ネット注文等での受付が完了したとしても届くのはタイミングによっては数日かかってしまうという事になるのです。

注文の個数は少ない状態でも受け付け可能と聞きましたが、はやく欲しいものに関しては実際に店舗へ向かった方が早くなってしまうようです。
普段持って帰れない程の大量の買い物や日持ちするようなものを宅配サービスで購入して、すぐに使いきるような消費期限の短いものは店舗へ買いに行くという組み合わせも有効かと思います。

今回、お話しを聞いたのは「コープデリ」でしたが、他のスーパー各店や宅配専門の他のサービスでは、また違った宅配の形態をとっているところもあるようです。
自分の生活スタイルに合ったお届け方法を探してみるのも良いかなと思いました。

 

家に居ながらカタログを見て注文し、宅配してもらうサービス。

どのサービスを利用するか、結局利用しないのかはまだわかりませんが色々なサービスを比べて検討してみようと思います。

 

-雑記

© 2020 ひびにたす