レビュー

【おすすめ本】「処刑された賢者はリッチに転生して侵略戦争を始める」

処刑された賢者 おすすめ本

すごいタイトルかと思います。

今回ご紹介するのは、ライトノベル&コミックが発売されている作品です。

「処刑された賢者はリッチに転生して侵略戦争を始める」です。

 

商品情報

処刑された賢者はリッチに転生して侵略戦争を始める
(ライトノベル版)

1巻:2019年 11月 20日 発売

出版社:小学館

単行本 : 275ページ

-----

処刑された賢者はリッチに転生して侵略戦争を始める
(コミック版)

1巻:2020年 11月 7日 発売

出版社:スクウェア・エニックス

コミック:189ページ

 

 

 

あらすじ

最強にして最凶! 人類を導く侵略戦争開始

勇者と共に魔王を討伐した賢者ドワイト。世界に平和をもたらしたはずの彼らは、次代の魔王になるつもりだという疑いをかけられ、死者の谷へと突き落とされて命を落とす。

それから十年後。

肉の身体を失ったドワイトはスケルトンとなり、谷底でひっそりと生き永らえていた。深い後悔に苛まれる彼は、勇者の亡骸を抱いて自問自答する。
そして、一つの結論に達した。

「間違っているのは世界だ。私が否定しなければ」

決心したドワイトは、死者の谷の瘴気を喰らい尽くした。彼はかつての魔王を凌駕する存在となり、無数のアンデッドを率いて地上を目指す。

すべては真の世界平和のため。
――最強の力を得た不死の王は、人類を相手に戦争を始めるのであった。

 

ノベル版とコミック版では、出版社が違いますね。

それぞれの表紙は以下の画像のようになっています。

 

 

主人公が成長して強くなっていく物語とは違います。

タイトルの通り、復讐からスタートする事になります。

最初からダークな展開になるのですが、気づいたら結構ハマって読んでいました。

世界を救った後に世界を脅かす存在になり、戦争を続けていくという理由は「なるほど」と思う設定でした。

 

記事の執筆時点では、ノベル版が2巻まで、コミック版が1巻までの発売となっています。

 

おススメの本なので、ちょっとダークな世界観が好きな方は読んでみてはいかがでしょうか?

 

PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 本ブログへ 

 

-レビュー
-,

© 2021 ひびにたす